解体工事

解体工事の必要性

建て替えやリフォームをおこなう際、既存の建物などを解体しないと建て替えやリフォームはできませんよね?

本来、建て替えやリフォーム業者が解体をするとお考えのお客様は多くおられます。

しかし、住宅施工会社やリフォーム業者は、下請け業者に解体工事をさせて料金を乗せる場合が多く、知らず知らずに料金が高くなっていることが多いのです。

住宅施工会社やリフォーム業者から解体見積もりを出してもらい、安いところがあれば自分で
解体業者を探すことが可能か確認を取って見てください。
これに難色を示す業者は、解体費を上乗せしている可能性が高いです。

  • 解体業者を探すことが可能か確認を取って見てください。
  • これに難色を示す業者は、解体費を上乗せしている可能性が高いです。

解体工事の流れ

STEP1:解体工事お問い合わせ
STEP1:解体工事お問い合わせ

ホームページ内のお問い合わせフォームから受け付けております。
解体工事現場の住所・建物の構造・面積(坪数)その他、ご質問内容をご記入下さい。また、電話でも受付をしております。ほとんどの方が解体を依頼する事が初めてだと思います。
解体に関する知識も少ないと思いますので、どんな些細なことでも遠慮なくご質問下さい。

STEP2:現場調査
STEP2:現場調査

専門のスタッフがお伺いさせて頂き、建物構造種別・解体作業環境・近隣環境・搬入搬出ルートの確認・解体作業の重機車両選定をさせて頂きます。

STEP3:御見積のご提出
STEP3:御見積のご提出

現場調査に基づき、解体工事にかかる費用・解体方法などをご説明させて頂き、御見積をご提出させて頂きます。

STEP4:解体工事請負契約
STEP4:解体工事請負契約

現場調査に基づき物件に合った工法を御提案いたします。ご確認・納得して頂きましてご契約させて頂きます。

STEP5:工事前
STEP5:工事前
◆建築リサイクル法届出

建設リサイクル法とは建物解体により生じた産業廃棄物の分別リサイクル(再資源化)を促進するために定められた法律で解体する建築物の延べ床面積が80㎡を超える場合には届出が義務付けられています。

◆近隣挨拶

解体工事が始まりますと近隣の皆様にはご迷惑をお掛けすることになりますので、ご挨拶致します。

◆電気・ガスの閉線の手配
STEP6:解体工事着工
STEP6:解体工事着工
足場養生の組み立て

足場養生の組み立てを行ないシート・防音シートを掛け騒音やホコリを防ぎ近隣の方へのご迷惑を最小限にします。

重機搬入

建物本体の解体
屋を解体し基礎を掘り起こし撤去します。
ホコリが飛ぶのを防ぐため散水しながらの作業となります。

廃材の分別・収集・搬出

現場で廃材を分別します。(木材・鉄・プラスチック・コンクリートガラ・他)大きな物は重機で細かな物は手作業で分別しながら作業します。

整地

地面を平らにし廃材やコンクリートなどが残っていないか確認します。

STEP7:工事完了
STEP7:工事完了

立ち会い確認して頂きます。
残存物がないかご確認お願い致します。

ページトップ